TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ
試験を通して英語を学び、英語を通して世界を知り、知識を通して人生を豊かにする、そんなことを目指すお医者さんの徒然なる日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国連英検 特A級 1次試験対策
この記事では国連英検特A級の1次試験対策について書きたいと思います。国連英検は極めて受験者数の少ない試験ではありますが、試験対策を通して英語力・時事知識ともにたくさんのことが学べる優れた試験です。興味のある方はぜひチャレンジして学びの楽しさを味わっていただければと思います。

特A級の問題は大きく分けると以下のようになります。

マーク式 8大問、計80問(80点)
1-10 知識問題(①に関する問題)
11-20 読解問題(理解度を問う問題)
21-30 文法問題(誤り箇所の指摘)
31-40 文法問題(動詞の活用形を選択)
41-50 読解問題(文脈に合わせて語句挿入など)
51-60 語彙問題(文中の空欄2か所に入る単語を選ぶ問題)
61-70 語彙問題(同義語選択)
71-80 読解問題(時事知識・語彙力を基にした空所補充)

エッセイライティング 1問(20点)
 時事問題について200-250語で書く問題

国連英検特A級は数年前までは非常に高度な語彙を問う問題が多く合格点も60%未満であったことも多かったようですが現在はやや易化し、それに伴い合格点は70%弱と上昇しています。下のStep 1に記載した英検1級による土台作りがより重要性を増していると言っていいでしょう。

ここからはいくつかの段階に分けていこうと思います。

まず国連英検特A級の対策書を紹介します。以下のStepでは参考書はすべて番号で示します。

① わかりやすい国連の活動と世界
② 国連英検特A級・A級対策
③ 国連英検過去問題集 特A級
④ 国連英検過去問題集 A級
⑤ 上級時事英文法

Step 1:英検1級の合格
いきなりハードルが高くて恐縮ですがこれが第一段階です。国連英検の合格者は殆どが英検1級保持者です。受験者全体でも相当な割合が英検1級保持者のはずです。特A級を目指すならまず英検1級です。

新形式になりCSEスコアも導入され今の合格通知の内容は詳しくはわかりませんが、合格者平均点がわかるならば少なくともそれ以上での合格を目指してください。もしわからなければ少し貪欲に、語彙は22/25がコンスタントに取れる・読解問題は3ミス以内くらいを目指してください。英検1級を通して英字新聞クラスの文章を理解する英語力の基礎、エッセイの書き方の基本、時事問題の大まかな知識が学べます。国連英検特A級の1次試験はThe Economistを読みながら問題を解いていくイメージであり量も結構多く、面接では時事問題についてより突っ込んだ内容を聞かれます。英検1級はそのための整地・土台作りだと思っていただければと思います。ぎりぎりで合格した方はもうしばらく英検1級の勉強を続けて基礎固めをしてください。

※ なお、英検1級の対策についても自分がどのように学習したかを後日記事にしたいと思います。

Step 2:国連の知識問題対策
実は知識問題の対策はそれほど難しくはありません。80問中10問ある知識問題ですが、対策することで全問正解が期待できますので是非とも力を入れておきたい分野です。

まず①を通読します。それなりに厚みがありますが半分は和訳で国連憲章の項などは読まなくても大丈夫ですので思ったより時間がかからないと思います。

あとは②~④に載っている知識問題を繰り返し解き、設問になった場所をチェックし①にアンダーラインを引いていきます。A級と特A級は英検の準1級と1級のように形式が似ていますので知識問題はA級のも解いておきましょう。

文房具屋で手に入る暗記用の赤ペンと緑シートを用意し、選択肢になっている部分・そのほかに聞かれそうな部分を赤ペンでチェックしていきます。あとは重要箇所がチェックされた①を定期的に見直し、知識の定着を図っていきます。

余裕があれば、問題に採用された箇所のみでなくその周りも読みましょう。例えば「Human Rights」の項の一文が知識問題に使われていたとしたらその項を全て読んでおくとより盤石な準備となるでしょう。どの項目も1つあたりは2ページくらいなのでそれほど時間はかかりません。

Step 3:語彙力・読解力・文法力の強化
語彙・読解ともに英文を実際に読むことで自然に強化されているのが理想ですが適宜単語帳を利用することでより効率よく学習できるでしょう。

語彙対策として特におすすめしたいのは次の2冊です。

・ 究極の英単語 vol. 4
・ 究極の英単語セレクション

過去問を確認すると結構この2冊から出ています。Step 1の英検1級で語彙はある程度鍛えられているはずですので、上記2冊は知識の穴を埋める作業だと思っていただければと思います。

読解に関してですが、英検1級を合格者平均以上取れる人であればTIMEやThe Economist、International New York Timesなどの記事を300~500記事くらい読めば語彙力も鍛えられるし時事知識、読解力共に合格に足る実力になっているのではないかと思います。

文法問題対策としては、ものすごく簡単な単数・複数の誤りを指摘するレベルからbackfireなどの高度な単語の自動詞・他動詞用法の誤りを聞いてくる問題などもあります。結構気付くかどうかという閃きも大切なので⑤を解いて慣れておくといいでしょう。

Step 4:エッセイライティング
全体の20点を占める英作文は中々の強敵です。必要な語数は英検1級と同じくらいですが、採点基準は厳しくより具体的な内容を求めている印象です。ある社会問題について出題されることが多いですが、過去問集の解答例をみると「その社会問題に対して国連がどのように関わっているのか」といった活動内容及びそれを行う国際機関名などが書かれていたりします。解答例を初めて読んだとき「・・・マジ?」って思いました。さすがにすべて網羅するのは費用対効果が悪すぎるので私はそういった対策は一切しませんでした。エッセイの内容は、社会問題に対する国際社会の現状や問題点、それに対して国連がどのように関わっていくべきかという自分の意見を述べる形式にしました。

段落構成は序論・本論×2・結論の4段落構成を基本とし、250語前後を目安としました。一応それで14点/20点取れましたので合格には上記のやり方で大丈夫かと思います。


合格点はここ数年間の傾向では72点が2回あった他は全て70点未満ですのでマーク60点+エッセイ10点あたりを狙うのが妥当な配分かと思います。得意不得意に合わせて自己調整していただければと思います。

最後に時間配分ですが、私は「大問1つごとに10分」を基準としました。しかし知識問題は10分かかりませんし、設問11-20の読解問題は12-15分欲しいので1-20で20分という感じでやりました。それによりエッセイに40分残すことができます。実際本番ではマークを60分、エッセイを40分で終えて20分ほどの余裕を作ることができました。おかげで見直しをして捨てる問題、粘る問題を明確にすることができました。

以上、長くなりましたが国連英検特A級対策の大まかな内容を書かせていただきました。また、国連英検特A級の受験に関しては土佐犬さんのブログがとても参考になります。数少ない繰り返し受験をされている方です。ぜひブログを訪れて合格のためのTIPSを手に入れてください。

この記事が国連英検特A級の受験を考えている皆様の少しでもお役に立てれば幸いです。
来年の目標
更新しよう、更新しようと思いつつ持ち前の筆不精で放置していたらいつの間にか広告が出るようになってしまいました。もう少しちゃんと更新したいです。

さて、あと3週間ほどで新年を迎えるにあたって、簡潔ではありますが今年のまとめと来年の目標を挙げていこうと思います。英語学習、医学以外の学習についてです。

2016年 英語等の学習での成果

TOEFL iBT 113点(up from 109 in 2015)
国連英検 特A級合格
読書(英語学習・医学書以外) 32冊(あと1~2冊増える予定)
ブログを始めた

2017年やりたいこと、達成したいこと
TOEFL iBT 116点(R/L/S/W = 30/30/27/29)
IELTS OA 8.5 (R/L/S/W = 9.0/9.0/8.0/8.0)
TOEIC speaking test 200点
読書(英語学習・医学書以外) 40冊(読み直し含めて)
ブログの更新をもっとマメに・・・(^^;

英語学習に関しては「この教材、あの教材」と決めてかかることは不可能ですので試験の点数を目標にしておきます。「英語を通して教養を広げながらその過程で試験を受け点数も伸ばしていく」という基本スタンスを変えるつもりはありませんが、やはりテストの点数が目標として定めやすいと思います。試験対策も英語力を伸ばす上で大切な学習法の1つですので。TOEIC speakingは今年1回受けただけで目下放置中ですので来年ぜひ満点を達成したいです。そしてなんといってもIELTSを受験してみようと思います。こちらは全く未知数ですが上記くらいが妥当な目標かと思います。1回受けて多少修正するかもしれませんが・・・

今年はビジネス書を色々読んでみました。効率的な業務の処理や意識の置き方など、仕事に役立つコツやマインドセットを学ぶことができました。来年は特にお金のことを中心に学びたいと思います。経済や経営から投資のことなど、世の中のお金がどう動いているか・低金利の世の中どのようにお金を動かすのかなど今のうちに色々な情報を仕入れて準備していきたいと思います。実際に投資をやることで分かることも多いとは思いますが・・・始めるかはわかりません。

英語とは全然関係ありませんが漢検1級も欲しい資格の1つです。母国語に対する理解がより深まることが期待されるので興味はありますが、試験対策で得た知識の実用性の面で難があり受験を決意するに至れません・・・やればやったで新たな発見があるのでしょうが(-.-)

来年も引き続き仕事は仕事でこなしつつ、可能な限り自由に使える時間を確保し専門分野以外のことも貪欲に学んでいきたいと思います。
TOEFL speaking independentの処方箋
試験対策の記事を書くのは久しぶりになりますが今回のテーマはTOEFLのスピーキング、特にQ1&Q2に焦点を当てたいと思います。スコアとしては24点しかないのでスピーキングの記事を書くのは憚られますが、めげずに書きます。

まずQ1&Q2は15秒の準備時間と45秒の録音時間からなりますが、当然ながら15秒ではいう内容を一言一句作り上げることはほぼ不可能と言っていいでしょう。問題文の読み上げを合わせると10秒程度長くなりますが、それでも厳しいと思われます。

したがって話す内容の「大枠」を作ることで準備時間は大体使い切ってしまう、あるいは大枠さえ作るのに足りないという方も多いのではないでしょうか?

しかしながら以下のように考えれば少なくとも「何を話していいかわからない」状態からの脱却は可能だろうと思います。

-----------------------------

例として「最近行ったレストランで印象に残った出来事を理由とともにdescribeせよ」という問題が出たとします。

この時、「えっ最近外食なんてしてないし・・・」と思考が止まってしまったならば筋道のある解答をすることは困難となります。

しかしながら、レストランについて印象に残るポイントがどれだけあるでしょうか?

多くの場合、そのお店の「料理について」「雰囲気について」「サービスについて」「値段について」くらいなものではないでしょうか?

その中から適当に(この場合テキトー、という意味で)2つくらい見繕ってしゃべれば理由を伴った解答をすることができます。

解答例:
 先月両親と行ったイタリアン
  ①サービスがとても良い
  ②料理がとても美味しい

これで大枠は完成です。具体例はレストランのサービスですから大抵はウエイターがやってくれると考えれば簡単に思いつきます。料理がおいしい理由はシェフの腕がよい、材料が新鮮などが考えられます。

解答例:
 先月両親と行ったイタリアン
  ①サービスがとても良い→ウエイターがこまめに声をかけてくれて細かい要望にも応じてくれたなど
  ②料理がとても美味しい→新鮮な野菜を材料に使っている、シェフが有名な人であるなど

ここまで考えられた後でようやく「所謂」スピーキング力の出番です。自分の持つ語彙、表現、構文を駆使して解答をすることになります。

----------------------------

英検やTOEFLなどの試験を定期的に受けている方にとっては釈迦に説法になることを承知で申しますと、上記の例のようにスピーキング試験で重要なことはどれだけフレーズを知っているかだけではなく、話す内容を整理する力、筋道立てて話す力などが問われてきます。どれだけたくさんのフレーズを知っていても話す内容がなければ話せないので寧ろこのtopic developmentの方がある意味大切です。しかし、個別のtopicについて注目するべきところはある程度決まっていることを意識しておけばtopic developmentで躓くことをかなりの確率で予防できるようになります。

レストランと聞いて自分の記憶を呼び戻している間に時間は切れます。レストランについてコメントするなら値段か味かサービスか雰囲気か、そのくらいなものでしょう。どのポイントについて言及するかある程度絞ったうえでスピーチをまとめたほうが効率が良いと思います。

他の例として、ボランティア活動などの場合やったことない方はネタとしてストックがないと難しいかもしれませんが、こちらもイベントに参加したと考えると「楽しかったか」「ためになったか」「人との交流」くらいに落ち着いてくると思います。

以上のようにQ1&Q2は問題文を食い入るように眺めても解答は思いつきません。「あ、social activityの話ね、じゃあ人との交流とためになった的な2つのbodyでいこう」といったように少しテーマを一般化して、そこから話す内容を整理するとうまくいくことが多いと思います。

そうすればストックするネタの数も激減し、対策は楽になり、その都度自分で解答を考えているため即興で話す力が身に付きます。

万能とは言いませんが、上記のように「少し引いた目線でトピックを見る」ことは英検などでも有効だと思います。むしろ実践で英語を使う時にも威力を発揮します。

語彙・フレーズといった狭義のスピーキング力を養う方法として私がお勧めさせていただいているものはスピーキングの記事にありますので興味ある方はご参照いただければ幸いです。
一足早めの振り返り
さて、今日で10月も終わり今年も残すところあと2か月となりました。

私は今年の初め、「今年は色々な本を読むぞ!」と目標を立てました。というのも医師は大学に入ってから少しの教養科目を除き基本的には医学一筋、医師になれば同僚と話す内容は医学の話・日常診療の話が大半です。これ自体が悪いことではありませんが、やはり知識・常識の偏りは否めません。例えば接客業をはじめとした様々な業種で重視されている「接遇」の概念は医学の世界では薄く、患者に対して高圧的に振る舞う前時代的な医師の姿も散見されます(※医師は接客業の要素を含みながら患者に治療面・生活面で指導をしなくてはならない立場でもあり診察の際の話し方や振る舞い方のバランスは難しいところです。私は患者に合わせて話し方等を変えています)。医師という社会的立場に胡坐をかいて世の中の大局、社会人としてのあるべき姿に目を向けないままではいけないと常々思っています。

また、接遇だけでなくビジネスパーソンが普通に使っている考え方や、いわゆる「仕事術」が医師にも当てはまり、上手に使えば効果絶大であることも疑いようがありません。

教養を広げる、常識的な考え方を知ることは何も本からだけではありませんが年始に立てたこの目標がどの程度達成されたかを見ていきます。以下は今年読了した本になります。一部の本は今年読むのが2回目、3回目というのもあります。ちなみに冊数の目標は立てていません。

※医学書、英語教材、英語の勉強の一環で読む本(The Economist、SCIENTIFIC AMERICANなど)を除く

・嫌われる勇気


・幸せになる勇気

・ニュースの”なぜ?”は世界史に学べ

・図解 地政学入門

・はじめての課長の教科書

・仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

・明日に疲れを持ち越さないプロフェッショナルの仕事術


・図解 経済学入門

・図解 大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

・29歳からの人生戦略ノート

・実践MBA経営学の教科書

・仕事が早い人は「見えないところ」で何をしているのか?


・経営者のためのリベラルアーツ入門

・経済学を学ぶ

・9つの性格

・齋藤孝の速読塾

・知らないと恥をかく世界の大問題7

・グロービス流 リーダー基礎力10

・グロービス流 ビジネス勉強力

・なぜ、この人に部下は従うのか

・あなたの1日は27時間になる

・プロフェッショナルネゴシエーターの頭の中

・グロービスMBAで教えている交渉術の基本

・伝わるデザインの基本

・杉原千畝 情報に賭けた外交官

・苦手な人が気にならなくなる本

こんなところだと思います。正直微妙な本、学びや気付きの少ない本もあります。今読んでいる本、読もうとしている本を合わせれば30冊ちょっとになると思います。私の何倍も本を読んでいる人は沢山いるでしょうが、個人的には及第点かなと思います。

仕事術に関する本が多いのはルーチンでこなす業務をいかに効率化するか、ヒントを探すためです。

人間関係、リーダーシップに関する本は、はるかに年上の看護師・薬剤師などにも指示を出さなければいけない医師として礼儀・相手のキャラクターに合わせた対応・たとえ若僧でも頼れる若僧であるための資質を得るためです。交渉術の本もこの目的で読みました。

経済学・経営学の本はお金の流れを知るためにはこうした知識が必要だからです。あと単純にMBAに興味を持ったからです。そろそろ経済・経営の専門書に手を出します。

地政学系の本は以前にブログでも書いているのですが、国際情勢の知識を深め世の中で何が起こっているのか、偏ったメディアの報道に流されず主体的に考えるためです。

読んだ本を見るとバラバラですが一応上記のような意識をもって読んでいます。医学知識・技術を養うとともに普段の業務がより効率化・仕組化できれば自由な時間が増え、手に入れた時間を好きなことやさらに勉強に充てることも可能です。今のところはこのスタンスで間違っていなさそうなので引き続き偏らず、常に柔軟な考え方ができるような人間を目指していきたいと思います。


因みに上に挙げたビジネス系の本をまとめると、

「ルーチンをなるべく仕組化し、自分の仕事はメモとチェックリストを利用し漏れなく効率化。相手に合わせて自分の振る舞いを変えて柔軟に対応し、特に相手の話を聞くことに注力する。その中である事象一点だけに囚われず広い視野を持って行動する。」

当たり前ですね。だからこそ難しい。

地に足付けて頑張ります。
近況と最近の学習
およそ2か月間、ブログの更新を中断していました。広告が出てきてしまうほどの期間、更新がなかったにも関わらず訪れてくださった方もいたようで大変申し訳なく思うと同時にうれしい気持ちにもなりました。

何をしていたかというと8月から新しい病院で勤務をはじめ、環境や職場のルールなどに慣れるために注力していました。当直の回数や勤務時間が伸びましたがそんな中でも英語学習は続けることができています。

特にここ1か月ほど新しい教材を加えております。

The Japan Times 社説集 2016上半期

jtsyasetu.png



英字新聞としては歴史の長いThe Japan Timesの社説を16ほど、音源付きで掲載しています。こちらをシャドーイング教材にして使っています。これには理由があります。

元々私のシャドーイング教材はTOEFL iBTのスピーキング対策本やCNN english expressなど、spoken Englishが主体でした。複雑な構文は少なく、一部の記事を除きそれほど難易度の高くないものばかりでした。しかし国連英検 特A級の合格を1つの通過点としさらに高いレベルの実力をつけるためにはそれだけでは不十分であり、格式の高い表現・written Englishで出てくるような高度な(悪く言えばお堅い)表現を今までよりもしっかりと身に付けたい、と思うようになりました。読む・書く作業でも身に付けることは可能だと思いますが、声に出すことも使っていこうという感じです。

この本はThe Japan Timesの社説集ですので高度ですがけして難しすぎず、それでいていい表現が沢山出てきます。所々「ん!?」と思うところがあるものの音源も使いやすく(45-90secくらいで1つのtrackになっている)、クリアでスピードもちょうどいいと思います。興味ある文章から手を出していき、今は6つ目に取り組んでいます。

この「高地トレーニング」を1か月と少し続けた結果、私の中で変化が起きてきました。CNN english expressのニュースダイジェストというセクション(60-90wordsの短い記事)ならば数回音読やオーバーラッピングすれば頭に入るようになりました。今までより多少覚えがよくなった気がします。CNNのナチュラルスピードくらいでThe Japan Timesの記事を声にシャドーイングし続けた結果、CNNから感じる負荷が軽くなったと思います。

これが私の血肉に変わるにはまだまだ時間が必要ですが、焦らず続けていこうと思います。ブログも定期的に更新していきたいと思います。

もう少し落ち着いたらTOEFLやIELTSの受験を検討します。年明けになるかもしれませんが・・・(-.-)
copyright © 2017 TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。