TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ
試験を通して英語を学び、英語を通して世界を知り、知識を通して人生を豊かにする、そんなことを目指すお医者さんの徒然なる日記
近況報告を兼ねて
長々とブログ更新をせず、何をしていたんだという感じですが、近況報告と現在の学習を書きたいと思います。

今年に入ってからは学会発表と部内発表のためPower Pointを2つ準備しました。片方は統計(今回は100人以上の患者について予め決めたテーマでデータを抽出してまとめて文献と比較し考察しました)、片方は症例報告(珍しい疾患を経験した時などに行います)であり、どちらも国内外の数多くの文献資料を読んで作り上げるため、合わせて50くらいは論文を読んだと思います。こうした「発表」関係は労働時間に含まれておらず、日常診療や手術は通常にこなしつつ業務時間外に行うため複数掛け持ちになると中々の負担ですが、多くの情報を共有しよりよい医療を目指すためには大切なことだと考えています。また、日常診療では15時間に及ぶ手術や連日の緊急手術でざっと思い出せる中では一番忙しい日々だったと思います。

そんな中で何をしていたかと言えば、英語はThe EconomistScientific Americanを読み、2月に新発売したJapan Times 社説集2016下半期のシャドーイングをしていました。特に社説集はReading・Writing教材にできるレベルの英文を、シャドーイングを通して身に付けることでアウトプットにも使える英文を叩き込めるので結果4技能すべてに効いてくると考えています。ずっと続けているおかげか新しい社説をやるときもリスニング初回からシャドーイングできるようになりました(100%、とはいいませんが)。どんな時でも、なんとか時間を捻出し少しでも英語に触れるように努めました。

そしてもう1つ、新たに始めたのは日本史の学習です。通訳案内士にも興味があり、日程さえ合えば試験を受けようと思います。試験のために始めたのですが、思った以上に楽しく学習しています。ネットで調べると通訳案内士のためにはセンター試験レベル前後で文化史がメインといいますが、普通に山川の詳説日本史B詳説日本史ノート便覧問題集という王道かつ明らかにオーバーパワーな学習をしています。試験は8月のようなので、「合格のための最低限」ではなくじっくり取り組んでみるつもりです。進捗状況は、教科書では日露戦争まで読みましたが問題集は応仁の乱あたりです。中々追い付かないのが玉に瑕(^^;

以前の記事で工業英検にも興味があると書きましたが、2017年(度)は工業英検1級と通訳案内誌の取得を目指すのもいいかなと思います。技術系英文ライティング教本を読み込まないといけません。もちろんTOEFL、IELTSも受験していきたいと思います。

日本史の学習で英語の学習時間がどうしても削られてしまうので週末に長めに勉強したり、早朝学習を取り入れたりして影響を最小限にしています。時間のやりくりをもっと上手にできればなあ、なんて思う今日この頃です。

1つ1つ、目の前のことをこなしていきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.