TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ
試験を通して英語を学び、英語を通して世界を知り、知識を通して人生を豊かにする、そんなことを目指すお医者さんの徒然なる日記
年末にしておきたい学習方法の見直しについて
さて、年末あるいは年始に学習の成果を見直し翌年の目標やノルマを定める方も多いと思います。2016年を振り返り、英語の試験で

「TOEICの点数が○○点伸びた」
「英検〇〇級に受かった」

など、一定の成果が出た方がいる一方で勉強を頑張ったにもかかわらず自分の目標となる点数に届かなかった方もいらっしゃると思います。

しかしそのような方々も心配することはありません。学習した内容はしっかり蓄積されておりいつかテストの点数として、実力として表れてきます。

ここが踏ん張りどころなのです。

という美辞麗句を並べるためにこの記事を書いているわけではありません。

明確な基準はありませんが多くの場合、1年成果が出ていない学習法は見直すべきだと考えます。もちろん例外はあります。TOEIC 980点の方が1年間頑張って990点が達成できなかった、TOEIC 600点や英検2級の方が1年で英検1級に合格できなかった、といった時は結果だけでその学習方法が有効かどうか判断することはできません。こうした極端な場合を除き、例えばTOEIC 700点台の方が1年勉強を続けてもまだ700点台だとか、TOEFL 90点以下の方が2年学習を続けたのにベストを更新できなかったなど、比較的学習効果が現れやすい点数帯で伸びがないのであればやはり学習内容・方法に何らかの問題があると考えるべきだと思います。

今回はその学習方法の見直しについて書きたいと思います。英語学習を続けている方にとっては釈迦に説法となってしまう内容も多々ありますがどうぞご容赦ください

勉強習慣を見直すには大きく「質」と「量」に分けて考えることが多いと思います。

量はさらに勉強時間や分量(読んだページ数や書いたエッセイの数など)などに細分化され、質は集中力やインプットとアウトプットのバランス・自分のレベルや目的に合う教材を使用しているかなどに分かれるでしょう。

長い時間勉強すれば後半になるにつれて集中力は落ちていきます。仕方がありません。人間だもの。

難しい文章を読めば単位時間当たりの分量は減ります。

簡単すぎる文章は分量を稼いだり、多読による慣れを得ることができますが高度な語彙・表現を学んだりすることはできません。

色々な英文雑誌を読み、色々な本でシャドーイングや暗唱をすると多種多様な話題に触れられますが集中力も時間も分散されるため復習の時間が削られ、記憶の定着率も下がり「たくさんやったのに蓋を開けてみれば全く身についていない」ということになりかねません。

一概に決めつけることはできませんが、殆どの学習方法にこうしたトレードオフが存在すると思います。傾向としては量を増やせば質が下がり、質を上げれば分量が減る場合が多いでしょう。質の高い学習(=自分のレベルに合う、やっていて骨太に感じる学習)を何時間もぶっ通せるわけがありません。脳が疲弊し集中力が削り切られて最後の方は何が何だか・・・ということになるでしょう。

そのバランスをどうするか。


自分に合う学習スタイルは何か。


これは残念ながら本人にしかわかりません。

学習を続ける中で身に付けていくしかありません。

しかし勉強法の書籍やブログなどのSNSで情報を得ることで多くの人の学習方法に触れることができ、考えるための材料を得る機会には事欠きません。(私も他の学習ブログからヒントを得ることもありますし、このブログもその一助となれば幸いです)色々な事例をみれば学習計画を立てやすくなります。

勉強習慣がない方はまず隙間時間を見つけて毎日教材に触れることから始めないといけませんし、習慣になっている方はいつ・何を・どのくらい・どのように・何のためにやるか意識して常に推敲していく姿勢を持たなければどこかで必ず頭打ちになります

逆に頭打ちになった時こそ見直すチャンス、ともいえるでしょう。

なぜならば感覚として、あるいは試験結果として英語力の伸びが感じられない場合、それは学習者である「あなた」の限界ではなく「今までのやりかた」の限界だからです。

・・・中途半端な自己啓発本のようになってしまいましたが、要はせっかく一所懸命に頑張るならば効果が出るように頑張るほうがいいじゃあないか、ということです。逆に「効果が出るように」の部分は人それぞれなので自ら見つけていく必要があるということでもあります。因みに私は質と効率をより重視するタイプで、負荷の高いメニューを1日に長時間こなすのはあまりお勧めしません。後半は集中力が落ちているから意外と身につかない上に、しんどいと続きません。勤務形態を考えてもこのスタイルが私には合っているように思います。

英語における目標設定は既に過去に記事にしましたが、それに至るまでの計画をしっかり練って私も頑張っていきたいと思います。

来年も読者の皆様の英語学習に少しでも参考になる記事を書いていければと思います。

皆様、良いお年を。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.