TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ
試験を通して英語を学び、英語を通して世界を知り、知識を通して人生を豊かにする、そんなことを目指すお医者さんの徒然なる日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国連英検 特A級 1次試験対策
この記事では国連英検特A級の1次試験対策について書きたいと思います。国連英検は極めて受験者数の少ない試験ではありますが、試験対策を通して英語力・時事知識ともにたくさんのことが学べる優れた試験です。興味のある方はぜひチャレンジして学びの楽しさを味わっていただければと思います。

特A級の問題は大きく分けると以下のようになります。

マーク式 8大問、計80問(80点)
1-10 知識問題(①に関する問題)
11-20 読解問題(理解度を問う問題)
21-30 文法問題(誤り箇所の指摘)
31-40 文法問題(動詞の活用形を選択)
41-50 読解問題(文脈に合わせて語句挿入など)
51-60 語彙問題(文中の空欄2か所に入る単語を選ぶ問題)
61-70 語彙問題(同義語選択)
71-80 読解問題(時事知識・語彙力を基にした空所補充)

エッセイライティング 1問(20点)
 時事問題について200-250語で書く問題

国連英検特A級は数年前までは非常に高度な語彙を問う問題が多く合格点も60%未満であったことも多かったようですが現在はやや易化し、それに伴い合格点は70%弱と上昇しています。下のStep 1に記載した英検1級による土台作りがより重要性を増していると言っていいでしょう。

ここからはいくつかの段階に分けていこうと思います。

まず国連英検特A級の対策書を紹介します。以下のStepでは参考書はすべて番号で示します。

① わかりやすい国連の活動と世界
② 国連英検特A級・A級対策
③ 国連英検過去問題集 特A級
④ 国連英検過去問題集 A級
⑤ 上級時事英文法

Step 1:英検1級の合格
いきなりハードルが高くて恐縮ですがこれが第一段階です。国連英検の合格者は殆どが英検1級保持者です。受験者全体でも相当な割合が英検1級保持者のはずです。特A級を目指すならまず英検1級です。

新形式になりCSEスコアも導入され今の合格通知の内容は詳しくはわかりませんが、合格者平均点がわかるならば少なくともそれ以上での合格を目指してください。もしわからなければ少し貪欲に、語彙は22/25がコンスタントに取れる・読解問題は3ミス以内くらいを目指してください。英検1級を通して英字新聞クラスの文章を理解する英語力の基礎、エッセイの書き方の基本、時事問題の大まかな知識が学べます。国連英検特A級の1次試験はThe Economistを読みながら問題を解いていくイメージであり量も結構多く、面接では時事問題についてより突っ込んだ内容を聞かれます。英検1級はそのための整地・土台作りだと思っていただければと思います。ぎりぎりで合格した方はもうしばらく英検1級の勉強を続けて基礎固めをしてください。

※ なお、英検1級の対策についても自分がどのように学習したかを後日記事にしたいと思います。

Step 2:国連の知識問題対策
実は知識問題の対策はそれほど難しくはありません。80問中10問ある知識問題ですが、対策することで全問正解が期待できますので是非とも力を入れておきたい分野です。

まず①を通読します。それなりに厚みがありますが半分は和訳で国連憲章の項などは読まなくても大丈夫ですので思ったより時間がかからないと思います。

あとは②~④に載っている知識問題を繰り返し解き、設問になった場所をチェックし①にアンダーラインを引いていきます。A級と特A級は英検の準1級と1級のように形式が似ていますので知識問題はA級のも解いておきましょう。

文房具屋で手に入る暗記用の赤ペンと緑シートを用意し、選択肢になっている部分・そのほかに聞かれそうな部分を赤ペンでチェックしていきます。あとは重要箇所がチェックされた①を定期的に見直し、知識の定着を図っていきます。

余裕があれば、問題に採用された箇所のみでなくその周りも読みましょう。例えば「Human Rights」の項の一文が知識問題に使われていたとしたらその項を全て読んでおくとより盤石な準備となるでしょう。どの項目も1つあたりは2ページくらいなのでそれほど時間はかかりません。

Step 3:語彙力・読解力・文法力の強化
語彙・読解ともに英文を実際に読むことで自然に強化されているのが理想ですが適宜単語帳を利用することでより効率よく学習できるでしょう。

語彙対策として特におすすめしたいのは次の2冊です。

・ 究極の英単語 vol. 4
・ 究極の英単語セレクション

過去問を確認すると結構この2冊から出ています。Step 1の英検1級で語彙はある程度鍛えられているはずですので、上記2冊は知識の穴を埋める作業だと思っていただければと思います。

読解に関してですが、英検1級を合格者平均以上取れる人であればTIMEやThe Economist、International New York Timesなどの記事を300~500記事くらい読めば語彙力も鍛えられるし時事知識、読解力共に合格に足る実力になっているのではないかと思います。

文法問題対策としては、ものすごく簡単な単数・複数の誤りを指摘するレベルからbackfireなどの高度な単語の自動詞・他動詞用法の誤りを聞いてくる問題などもあります。結構気付くかどうかという閃きも大切なので⑤を解いて慣れておくといいでしょう。

Step 4:エッセイライティング
全体の20点を占める英作文は中々の強敵です。必要な語数は英検1級と同じくらいですが、採点基準は厳しくより具体的な内容を求めている印象です。ある社会問題について出題されることが多いですが、過去問集の解答例をみると「その社会問題に対して国連がどのように関わっているのか」といった活動内容及びそれを行う国際機関名などが書かれていたりします。解答例を初めて読んだとき「・・・マジ?」って思いました。さすがにすべて網羅するのは費用対効果が悪すぎるので私はそういった対策は一切しませんでした。エッセイの内容は、社会問題に対する国際社会の現状や問題点、それに対して国連がどのように関わっていくべきかという自分の意見を述べる形式にしました。

段落構成は序論・本論×2・結論の4段落構成を基本とし、250語前後を目安としました。一応それで14点/20点取れましたので合格には上記のやり方で大丈夫かと思います。


合格点はここ数年間の傾向では72点が2回あった他は全て70点未満ですのでマーク60点+エッセイ10点あたりを狙うのが妥当な配分かと思います。得意不得意に合わせて自己調整していただければと思います。

最後に時間配分ですが、私は「大問1つごとに10分」を基準としました。しかし知識問題は10分かかりませんし、設問11-20の読解問題は12-15分欲しいので1-20で20分という感じでやりました。それによりエッセイに40分残すことができます。実際本番ではマークを60分、エッセイを40分で終えて20分ほどの余裕を作ることができました。おかげで見直しをして捨てる問題、粘る問題を明確にすることができました。

以上、長くなりましたが国連英検特A級対策の大まかな内容を書かせていただきました。また、国連英検特A級の受験に関しては土佐犬さんのブログがとても参考になります。数少ない繰り返し受験をされている方です。ぜひブログを訪れて合格のためのTIPSを手に入れてください。

この記事が国連英検特A級の受験を考えている皆様の少しでもお役に立てれば幸いです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
こんばんは。最近よく遊びに来てしまいます。

国連英検くらいになると正直英語が好きな人しか受験しませんよね。TOEICや英検2級前後くらいまでだと会社の昇進や就活で必要、あるいは高校入試のためにというような外部的要因で受験する人が多いんだろうなと感じますが、英検1級や国連英検になってくるとそうではないでしょうね。後者は英語学習に高い意欲を持っている層だと思います。結果的に受験者数も減っていくでしょうね・・・

自分は最終的な英語資格の目標はケンブリッジ英検CPEですね。合格には英語力だけでなくて教養も求められるそうなので、英語以外の知識も身につけられて良いと思います。
ただ自分はまずTOEFL100を越えることが先決で、取得したら110以上を取らなければいけませんし、GMAT/GREの勉強もしなければなりません。先は長いですね・・・
TOEFLとGMAT/GREは相関があるとのことなので学習を続けていこうと思います。最近はそこまで力を注げていないのが現状なのですがね。ただ単語だけはずっとコンスタントに続けていて、GMAT/GREの単語を最近はやっています。TOEFLと違いそれらのテストはネイティブ向けに作られているので語彙の難易度も非常に高いです。ただ、出題される単語が全く日常で目にしない単語かというとそうではないんですよね。先日quixoticという単語を覚えたのですが、その後にTIMEを読んだら出ていたんです。トランプとクリントンに関する記事だったのですが、Clinton's quixotic bid for presidency〜という感じで使われていました。英検1級も出題語彙の難しさから時々批判されますが、英語圏で生活をしていたり、英語でTIMEやEconomistを読んでいると普通に目にするレベルの単語が結構多いですよね。そう思うと、この単語は実用的じゃないからなどと言って勉強しないのは非常に残念なことだと思います。

話しがそれてしましました。卒業するまで後3ヶ月、英語につぎ込むのが良いかなという感じがしています。TOEFLの受験はしないと思いますが(笑)ReadingやListeningなどはTOEFLに縛られずに継続することに重点を置いてみようと思います。Speakingはネイティブの友人や教授との会話に加えて、地味ですが瞬間英作文などをやってみます。Writingは授業で添削してもらえるので、残り少ない授業を最大限利用しようと思います。

もう年末が近いですが、寒くなってきましたので体調にお気をつけください。
2016/12/18 (日) 22:24:53 | URL | kazu #-[ 編集 ]
Re:
kazuさん

たしかに英検1級や国連英検のA級・特A級の受験をする方々は、TOEICなどでは社会的に求められている基準をすでに満たしておりさらに語学力を鍛えようとする場合が多いと思います。

一方でこの段階になると「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」段階になり視野が一気に広がるときでもあります。ある程度の勉強を重ねると英語が分かるようになってきて勉強が楽しくなりますが、それを過ぎると英語で得られる情報や新たな発見がありそちらの方が楽しくなってきますよね。CPEやGREなどはいいハードルだと思いますのでぜひ飛び越えていければと思います。得られるものも大きそうですね!

英検1級はやはり日本人学習者に立ちはだかる高い高い壁です。確かに語彙問題にある単語が全然わからない段階で英文誌を読むのはかなり苦労すると思います。英検1級の語彙問題の単語が当たり前に使われる普通の単語だというのに気付くのも、多くの場合を合格して、TIMEや英字新聞などをたくさん読むようになってからです。英検1級に合格するまでは過去問で文章を読んだりするので1級に出る語彙が普通に使われている生の英文に触れることはあまりないですからね。やはりある部分で一定以上の苦労をしないと新しい世界は開けてこないということでしょう。英検1級に受かってからが本番、ということを誰かが言っていた気がしますが私にとってはまさにその通りでした。

残り少ない大学生活を、悔いの内容に過ごされてください!(^^)!
2016/12/20 (火) 23:19:43 | URL | Dr. English #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。