TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ
試験を通して英語を学び、英語を通して世界を知り、知識を通して人生を豊かにする、そんなことを目指すお医者さんの徒然なる日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例文暗唱のもう一歩先へ
少し前に「次の学習計画」という記事でこのようなことを書きました↓↓

大切なのは例文そのものを暗唱することではなく、暗唱を通じて単語~フレーズくらいの単位で覚え・使えること、暗唱文の文法・構文を理解すること、インプットした内容を効果的につなげる英語脳(回路)を強くすることです。


元々の英文がせっかく瞬間英作文できるようになっても、せっかく覚えた表現をそのままの形、あるいはその文のままでしか使えないということは学習していて時折遭遇することではないかと思います。

それをある程度以上使いこなせるようになる方法の1つをご紹介したいと思いあます。

名付けるならば「ちょい替え英作文」とでもいえるでしょうか。

一言でいえば「暗唱した英文を少し形を変えて口にする」ことです。

具体例を挙げていきます。ロイヤル英文法の暗記例文300の最初の文を使います。

この池は冬には凍る。
This pond freezes in (the) winter.


この英文ではfreezeという自動詞、季節の表現(in the winter)、第一文型などの箇所が学習ポイントだと思います。

これの形を次々に変えていきます。

一番簡単なのはI think that ---を付けることです。

I think that this pond freezes in winter.

また、時を表す表現を変えるのもいいと思います。

I think that this pond freezes every year.

池である必要はないですね。

I think that this lake freezes every year.

慣れてきたら単文からの脱却です。

This lake froze last winter, but it will not freeze this winter.

This lake freezes every year because water freezes at zero degrees Celsius.


上記のように形を変えながら「in the winter」では雪積もる景色をイメージし、「every year」と変えたら凍った池の風景の脇にカレンダーでもイメージして「every year」感をイメージします。ポイントは「イメージできる範囲であれば細かいことは気にしない」ことです。上記の「水は0℃で凍るから~」も人によっては突っ込みたい衝動に駆られるでしょうが、この練習ではその辺は大目に見ます。

なぜこの練習が大切かというと、暗記したものを思い出す時と自分で考えて何かを発する時とでは脳の活動の仕方が異なるからです。記憶をそのままの形で蘇らせる訓練(=例文暗唱とその復習)だけでは自分の意思で・自由に・思ったことを口頭で表現するための練習としては不足なのです。

・覚えることは覚えないといけないので暗記・暗唱は(成人の)語学の習得においては大切。

・それと同時に覚えたことを「使う」訓練をしなければ中々自在に使えるようにはなりません。(暗記だけでどうにかしようとするとものすごく時間がかかると思います。)

もちろん「例文暗記」をしていない方でもこれは練習可能です。日々の学習でいくつかの文をピックアップして上記の練習方法に当てはめるだけです。ちょい替えしている間、脳は頑張って英語回路を強化してくれるでしょう。

もっと高度な例文ではこの「ちょい替え」ができる所がたくさんあります。シャドーイングの処方箋で紹介した学習法の延長のようにも見えますが、聞く→イメージ+文法構文の把握→発話という複雑なプロセスではなく、音声を使いません。そのため思ったほどはきつくないです。

気になった方はぜひ取り入れてみていただければと思います。習熟速度が上がること請け合いです。


スポンサーサイト
コメント
コメント
初めまして
大変参考になりました。
現在ドイツ語を学んでいて、瞬間独作文を進めていたのですが、こういった「使う」アレンジをしないといけないんだ、と気づけました。本当にありがとうございます。

一点お教えいただけますか。
例文暗唱は、どのように練習されていますでしょうか? 別記事では、単語は隙間時間を使って高速回転、というアドバイスがありましたが、例文暗唱に関してはいかがでしょうか? 具体的な暗記方法をお教えいただけたら幸いです。
どうかよろしくお願いいたします。
2017/06/19 (月) 05:10:20 | URL | ion #-[ 編集 ]
Re:
>ionさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
まずは私がよくやる、CNN english expressの短文ニュース(60-100 wordsくらい)の例文暗唱を例にとってみます。

①文法構造や語彙を意識して英文をシャドーイング+内容のイメージ化
②日本語訳を見ながらそれをフレーズや文節ごとに英訳
③内容をなるべく脳内で映像化してそれを説明する感じでシャドーイング
(内容が分かっている状態なので感覚は違いますが、やってることは①と同じです)
④日本語訳を見ながら文単位で英訳、最初から最後までスラスラできるまで
⑤何も見ずに暗唱

初回は④まで、2~3回目は⑤まで、3~4回目は英文のタイトルを見ていきなり④や⑤にチャレンジ!、というパターンが多いです。イメージを英語化するトレーニングと、日本語を訳す形式のトレーニングはどちらもやります。例文集の例文のように短いものに関しては①→⑤という感じだと思います。慣れているためか2,3回くらい読めば覚えてしまうことが多いので、あとは単語暗記と同じで短期間で繰り返して一気に頭に入れます。因みに忘れたら④からやり直しです。

こうしてみると私の場合は単語は無理矢理詰め込む感じ(もちろん接頭語・接尾語などの知識は使いますが)ですが、英文の場合はシャドーイングを通して脳に浸み込ませる感じでしょうか。その方が早く暗唱できる気がします。

その言語の回路が脳にできていない場合は短い文でも①→⑤の順番で行う必要があると思います。また、綴りに不安がなければ時間がかかるため書く必要はないと思いますが、個人的には「使用する教材に使用されている外国語を読み・聞きしてその外国語のまま理解できる」状態でない限りは書くことをお勧めします。

上記のような感じでしょうか。あくまでも私のやり方ですので、自分のやり方に合うようにアレンジすることでより学習効果が高まると思います(^^)
2017/06/26 (月) 23:23:12 | URL | Dr. English #-[ 編集 ]
丁寧がご回答、ありがとうございます! 大変参考になりました。
イメージすることは今のトレーニングにかけていた点なので、早速追加したいと思います。

もう一点だけ、お教えいただけますでしょうか。このように暗唱したパッセージですが、度々復習しておられますでしょうか? 練習を続けると暗唱できるようにはなるのですが、しばらく経つと当然忘れてしまいます。スピーキング力向上、と言う観点では、暗唱したパッセージは常にすらっと言えるよう、定期的にメンテナンスすべきでしょうか(されていますでしょうか)?

お忙しい所恐縮ですが、アドバイス、ご経験などお教えいただけましたら幸いです。よろしくお願い致します。
2017/06/29 (木) 17:34:31 | URL | ion #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
>ionさん

嬉しいコメントありがとうございます。
結論から言うと私の場合はある程度の所で切り上げてしまいます。暗唱の主な教材はCNN english expressなので毎月新しい本が発売されるから、というのも理由の1つですが何よりも「覚えた例文をそのまま使う機会はほぼない」からです。私の場合、シャドーイングや暗唱は新しいフレーズを覚えることよりも脳の英語回路を鍛える目的でやっています。例えば、

I am not used to being attacked by critics.

という英文自体を覚えても私は使いません。しかし、この例文そのものを忘れてしまっても脳の回路が出来上がれば他に脳に刷り込まれた例文の用法などと組み合わせて

I am not used to speaking in front of such a large audience like this.

などと自然に出てくるようになります。脳には可塑性があり、鍛えれば鍛えるほど回路は太くなります。簡単に言ってしまえば習得したものを組み合わせて利用したりする応用力があります。それを鍛えれば日本語を使っている状態に近づいていくだろうとも考えています。

実際のところ最初の例文の主語はIじゃなくてheでもよく、criticsはother peopleでも言語習得上大差ないと思いますのでそういった部分までミリミリ覚えなおすのはあまり得策ではないかな、と思います。

初学者の場合、フレーズ・単語を覚え長期記憶とするために教材をしぼって定期的に覚えなおす必要があるかもしれません。ある程度その言語に習熟してくれば同じシャドーイング・暗唱という練習でも意味合いが変わってくると思います。ぜひご自身のドイツ語習熟度に合わせて意識するポイントを見つけていただければと思います。
2017/07/02 (日) 23:04:41 | URL | Dr. English #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。