TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ
試験を通して英語を学び、英語を通して世界を知り、知識を通して人生を豊かにする、そんなことを目指すお医者さんの徒然なる日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライバルの存在
今日同じ科の医師として働く後輩と大学受験時代のことを話していてふと、考えがよぎりました。

後輩は有名進学校に通い、クラスメートの大部分は東大、早慶、医学部などに現役で入る。もちろん後輩本人も医学部進学。

私は中高一貫であるものの地方の中堅高校。


はっきりいって、母集団のレベル差は明確です。


後輩 「じゃあ先輩、神童だったわけですね」
私 「神童っていうか、 perfect human やな」
後輩 「(笑)」

名字は中田ではありません。念のため。
※まあいうなれば I was a perfect humanか、I appeared to be a perfect humanです。察してください(笑)

などと取り留めもない会話をしていましたが、後輩はこんなことを聞いてきました。

後輩 「でも先輩はそんな中でうちの大学に入ったわけじゃないですか、僕は周りに引っ張られて勉強できましたけど。どうやっていたんですか?」
私 「まわりにライバルはいなくても全国にはいるからな。まず県内順位をみて、そのあと全国順位をみて・・・」
後輩 「それはすごいですね!でもたしかにそれしかないですね。僕だったら見えない相手を意識できるかわからないですけど・・・」
私 「まあ、医学部行くって決めてたからな。」

そのまま大学受験を経て得た心境の変化など意外にも真剣な過去の振り返りになっていったわけですが、後輩も私も競うべき相手がいたから医学部受験を突破し今医師をやれている、という認識は共通していました。

私の英語学習は、医大生時代に特別な機会をいただき米国で臨床研修(病院実習)を経験したことから始まっています。そのあとは孤独な闘いだったとも言えます。当時、周囲は医師国家試験の勉強をしている中で英検やTOEICを受けたりしていたわけですから。
(私は6年生の時に国試対策のために趣味の時間をを削るのがどうしても嫌で、5年生の段階で国家試験は合格できるように勉強を終えていました。アメリカからの帰国後、趣味が原因で骨折し英語学習の時間がふんだんに取れる、という予想外の事態になりましたが( ノД`)シクシク…治り悪くなるからお酒も控えて・・・でもおかげでTOEIC700台から3か月くらいで955取れるという・・・でも趣味やりたかった)

※一応触れておきますが5年生までに勉強を終えたとはいえ、病院実習もありますし国試も1年先なので勉強は続けていました。

今思い返すと、競う相手がいなかったからこそ「TOEIC、英検、TOEFLと色々な試験を受けてそれをモチベーションにしていたんだな。」と思いました。

「点数が伸びるのがうれしい、合格するのがうれしい」「英検1級取ればしゃべれるようになる!」という気持ちももちろんありましたが、本質的にはライバルがいないことに対する「渇き」を埋めるために試験を受けていた

似ているようで、少しばかり心構えが違う気がします。

今でこそ世の中を知るツールとして英語を学んでいる、と自分では思っています。でも性根にある部分は今も同じでなんだな、と思います。どこかで競い合う相手を求めている。

今はブログをはじめ、C2プロジェクトでランキングに参加しています。国内組、海外組、留学希望者問わずライバル多数
(海外勤務・留学が1年以上の方は海外組、旅行に行く程度でまとまった海外経験がない方は国内組を指します。海外生活が英語力そのものの上達に寄与しているか否か、が基準かなと考えたからです。)

大相撲のように海外組優勢の状況が続いていますが、その中でも国内組の意地をなんとか見せられたらな、なんて思います。
スポンサーサイト
C2プロジェクト加入
Dr. Englishの学習カルテにようこそお越しくださいました。
この度C2プロジェクトというものに参加させていただくことにしました。

C2プロジェクトとは英語教師さんという方がブログ上で行っている企画でありブロガーが切磋琢磨してC2レベルを目指そうというものです。C2とはCEFR(セファール、Common European Framework of Reference for Languages)という外国語学習の到達度具合の最も上、高い運用能力の証明になるものです(入門レベルから順にA0, A1, A2, B1, B2, C1, C2でTOEIC満点や英検1級はC1)。遠い遠い目標ですが、この世の中ですから外国語1つくらいは是非とも達成しておきたいものです。

C2プロジェクトでのC2の基準は現在TOEFL 116, IELTS 8.5, 英検CSE 3300の3つ。さしあたり私の場合はTOEFLでR/L/S/W = 30/30/28/28もしくは30/30/27/29を目指すことになりそうです。あと5点、されど5点。

しかし私にとって何よりも大切なのは英語力を上げることではなく、上げた英語力で何をするか。
世の中を知り、自分を知り、人生の選択肢を増やす。英語に堪能であることはその助けになる。
これだけは忘れないでおきたい。

C2プロジェクト参加者のブログを見るとどんな勉強をしているか、大変参考になり励みになります。
私も学習記録をつけたり、自分が行っているTOEFLやTOEICの対策について漸次投稿していきたいと思います。
書くことで自分の考えもまとまり、素晴らしいvirtuous circleですね。

英語教師さん、承認ありがとうございます。
C2プロジェクト参加者の皆様、一緒に頑張りましょう。
copyright © 2017 TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。