TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ
試験を通して英語を学び、英語を通して世界を知り、知識を通して人生を豊かにする、そんなことを目指すお医者さんの徒然なる日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英文読解の処方箋
今回の記事は英文読解についてです。

リーディング、というとより広義になってしまうので敢えて「英文読解=英文を読んで理解する、読んで文章を紐解くこと」といたしました。

かなり前に書いた「構文の処方箋」という記事で「論理が分かれば読まなくても次に何が来るかわかる」と書きました。最近SCIENTIFIC AMERICANで非常にわかりやすい例に出会いましたのでそれを用いて一体どういうことなのか記述していきたいと思います。

2017年1月号のTaking Wingという記事から、一節の流れを(かなり)簡略化したものを書きます。????にはどのような内容が入るか予想してみてください。鳥の羽(翼)の起源についての英文です。恐竜から鳥は進化したのか、その境界はどこか、羽根は恐竜の頃からあったのか、鳥への進化が始まってからなのか、そもそも恐竜→鳥という進化の流れなのか、といったことが論じられている記事の一部です。

----------------------

サブタイトル:Accidental Liftoff

The origin of feathers is central to the enigma of bird evolution.

Feathers originally debuted in distant dinosaurian ancestors.

The plumage of Sinosauropteryx looked more like fluff, too simple to catch the wind.

The first feathers were for other reasons, such as to keep small dinosaurs warm.

One subgroup went for a makeover, and the quill pen(=軸のあるいわゆる羽根) was born, apparently for flight.

But none of these winged dinosaurs had the huge chest muscles to power flight and the quill pens were not optimized to withstand the severe forces of surging through an airstream.

Less supported theory: display.

Feathers first evolved as advertisements but winged dinosaurs suddenly found themselves with big, broad surfaces that had an aerodynamic function.

??????

-----------------------

いかがでしょうか?

殆ど誘導尋問みたいで恐縮ですが、「Flight evolved by accident.」ですね。

原文にはもう少し細かい記載がありますがここでは割愛します。このように流れだけ抽出すると????に入るのは「飛べるようになったのは偶然の産物だった」ということは予想することが十分可能なのがわかります。

ちなみにこれが背景知識を伴うとどの時点でこの結論が導き出せるでしょうか?

それはサブタイトルを読んだ瞬間です。

すなわち「翼(あるいは羽)の機能として大きく分けると保温(自分や子供・卵含めて)・飛行・求愛(display)がある」ということと、「進化はDNAの変異と環境適応がうまく適合した時に生まれる偶然の要素が関係している」という背景知識があればサブタイトルを読んだ時点で、

「偶然飛べるようになった?ということは一般的に言われている機能や目的である保温や飛行、求愛という考えが否定される文がくるな」

「そのあと何かのきっかけ(サブタイトルを読んだ時点では不明)で鳥(あるいは恐竜との中間種)が偶然飛べるようになったという記載がくるな」

「それであれば最初飛べることに気づいた鳥たちがどのようにその能力を進化させてきたか、ということまで記載されているかもしれない

ということが予測できてしまいます。実際この一節の????のあとには「浮力に気付いた恐竜たちは地面から飛び上がり、枝に上ったりした、ついには強靭な胸筋を進化させ現代にいる鳥のようになった」といった記載があります。

「英文読解」は単語を理解し、文法を理解し、構文を理解することだけではないと私は考えています。それは「英文解釈」だと思います。「英文読解」というのはその上で自分の元々持っている背景知識とどこが新しいのか・どこが自分の理解と違うのか、その照合作業を経て書き手の言いたいことを理解する、話の筋道がわかる、重要な記述が浮き上がって見えてくる、そういったものだと思います。

よって予備知識の全くない分野の英文は通常「読解」できません。これは日本語の文章も同じだと思います。

逆にそうした話の流れが分かるようになると日本語の本も「速読」ができるようになります。サブタイトルや文章の流れからこれからの内容を予測し、自分の予備知識と照合していく。違うところは集中的に読み、必要なことは覚えようと努力する。自分の知識を更新する。そうした積み重ねの果てに読む速度が上がったら、それが理想的な「速読」であると思います。英文では「外国語」というバイアスが入るので1つステップが増えますが、しっかり読解できることがそのまま速読に繋がると思います。

理想としてはあらゆる分野でしっかりした知識の土台を持っておきたいところですが・・・まだまだ遠い夢のようです。

時間はかかるかもしれませんが一つ一つ積み上げていきたいと思います。
スポンサーサイト
一足早めの振り返り
さて、今日で10月も終わり今年も残すところあと2か月となりました。

私は今年の初め、「今年は色々な本を読むぞ!」と目標を立てました。というのも医師は大学に入ってから少しの教養科目を除き基本的には医学一筋、医師になれば同僚と話す内容は医学の話・日常診療の話が大半です。これ自体が悪いことではありませんが、やはり知識・常識の偏りは否めません。例えば接客業をはじめとした様々な業種で重視されている「接遇」の概念は医学の世界では薄く、患者に対して高圧的に振る舞う前時代的な医師の姿も散見されます(※医師は接客業の要素を含みながら患者に治療面・生活面で指導をしなくてはならない立場でもあり診察の際の話し方や振る舞い方のバランスは難しいところです。私は患者に合わせて話し方等を変えています)。医師という社会的立場に胡坐をかいて世の中の大局、社会人としてのあるべき姿に目を向けないままではいけないと常々思っています。

また、接遇だけでなくビジネスパーソンが普通に使っている考え方や、いわゆる「仕事術」が医師にも当てはまり、上手に使えば効果絶大であることも疑いようがありません。

教養を広げる、常識的な考え方を知ることは何も本からだけではありませんが年始に立てたこの目標がどの程度達成されたかを見ていきます。以下は今年読了した本になります。一部の本は今年読むのが2回目、3回目というのもあります。ちなみに冊数の目標は立てていません。

※医学書、英語教材、英語の勉強の一環で読む本(The Economist、SCIENTIFIC AMERICANなど)を除く

・嫌われる勇気


・幸せになる勇気

・ニュースの”なぜ?”は世界史に学べ

・図解 地政学入門

・はじめての課長の教科書

・仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

・明日に疲れを持ち越さないプロフェッショナルの仕事術


・図解 経済学入門

・図解 大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

・29歳からの人生戦略ノート

・実践MBA経営学の教科書

・仕事が早い人は「見えないところ」で何をしているのか?


・経営者のためのリベラルアーツ入門

・経済学を学ぶ

・9つの性格

・齋藤孝の速読塾

・知らないと恥をかく世界の大問題7

・グロービス流 リーダー基礎力10

・グロービス流 ビジネス勉強力

・なぜ、この人に部下は従うのか

・あなたの1日は27時間になる

・プロフェッショナルネゴシエーターの頭の中

・グロービスMBAで教えている交渉術の基本

・伝わるデザインの基本

・杉原千畝 情報に賭けた外交官

・苦手な人が気にならなくなる本

こんなところだと思います。正直微妙な本、学びや気付きの少ない本もあります。今読んでいる本、読もうとしている本を合わせれば30冊ちょっとになると思います。私の何倍も本を読んでいる人は沢山いるでしょうが、個人的には及第点かなと思います。

仕事術に関する本が多いのはルーチンでこなす業務をいかに効率化するか、ヒントを探すためです。

人間関係、リーダーシップに関する本は、はるかに年上の看護師・薬剤師などにも指示を出さなければいけない医師として礼儀・相手のキャラクターに合わせた対応・たとえ若僧でも頼れる若僧であるための資質を得るためです。交渉術の本もこの目的で読みました。

経済学・経営学の本はお金の流れを知るためにはこうした知識が必要だからです。あと単純にMBAに興味を持ったからです。そろそろ経済・経営の専門書に手を出します。

地政学系の本は以前にブログでも書いているのですが、国際情勢の知識を深め世の中で何が起こっているのか、偏ったメディアの報道に流されず主体的に考えるためです。

読んだ本を見るとバラバラですが一応上記のような意識をもって読んでいます。医学知識・技術を養うとともに普段の業務がより効率化・仕組化できれば自由な時間が増え、手に入れた時間を好きなことやさらに勉強に充てることも可能です。今のところはこのスタンスで間違っていなさそうなので引き続き偏らず、常に柔軟な考え方ができるような人間を目指していきたいと思います。


因みに上に挙げたビジネス系の本をまとめると、

「ルーチンをなるべく仕組化し、自分の仕事はメモとチェックリストを利用し漏れなく効率化。相手に合わせて自分の振る舞いを変えて柔軟に対応し、特に相手の話を聞くことに注力する。その中である事象一点だけに囚われず広い視野を持って行動する。」

当たり前ですね。だからこそ難しい。

地に足付けて頑張ります。
isolationism
過去の記事を見ると硬い文章・真面目な内容が多く、息抜き&週末の出来事を書いてもいいかなと思いました。

というのも先の週末に大事件が起きたのです・・・

それは・・・ポケモンです。

「は!?」と思われる方が殆どでしょう。英語と何も関係ありません。

知っている人は知っているかもしれませんが、先月末にニンテンドーDSで最初期のポケモンゲームである赤・緑・青・黄(ピカチュウ)の4バージョンのデータ配信が開始しました。今までは見て見ぬふりをしてきました。買う欲求を抑え、その後に訪れる悲劇を予測し、目を背けてきました。

しかしそれも時間の問題でした。1995年当時ド世代だった私は、

「もう一度やりたい」

という欲求にいともたやすく屈服しました。

思い出します。幼少期のあの頃を。ゲームボーイを片手に友達と交換・対戦に興じていたあの胸の高鳴りを。当時非売品だった青バージョンを手に入れるためにコロコロコミック(子供向け雑誌)のプレゼント企画に応募した時の期待感、そして満を持して始まった毎週のアニメ、発売延期を繰り返すじれったい金・銀(赤・緑の続編的なもの)・・・アニメの主人公のパーティー(ヒトカゲ・ゼニガメ・フシギダネ・ピカチュウ・バタフリー・ピジョン)を再現しニヤニヤしていました。周りにもそういう少年少女は結構いました。

そして郷愁と欲求に負け黄バージョンを買いました。最初のポケモンはピカチュウ、交換をしないと3種類そろわないヒトカゲ・ゼニガメ・フシギダネがすべて入手できるといった、アニメに寄せた変更が加えられています。予測通りの悲劇が起こりました。3DSは常に電源on状態、朝早起きして出勤前にレベル上げ・・・子供のころとやってることが変わりません。ゲームボーイがDSになったくらいです。どっちも任天堂じゃあないか。

しまいには昨日ポケモン中にソファーで座ったまま眠って腰を痛めました。

これからは自制心との戦いです。自制心とは「自分を制する心」と書きますが「自分のことを制している心」とも読めます。つまり勝機は薄い。医師として誠実に勤務し、医学書・論文を読み、英語の学習に励み、体づくりのトレーニングを欠かさず、ポケモンマスターを目指す戦いの幕開けです。これ同列に扱っていいのかな・・・家からでなくなりそうだ、ということでisolationismです。本当の意味の孤立主義として使っていません。

注) ブログは頑張って更新します。

また明日からは英語学習に関連した記事を書いていきたいと思います。
copyright © 2017 TOEIC 990点 & TOEFL 113点 & 英検1級 & 国連英検特A級 Dr.Englishの学習カルテ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。